自己破産後の闇金融には要注意 

自己破産後に闇金で借りるリスク

 

借金の返済が苦しくなってどうにもならなくなったときに、自己破産を行って借金の面積を行うというようなことはあります。

 

ですが、借金が返済できたからと言って油断はしてはいけません。その隙を狙ってくる闇金融の業者がいるのです。いったいどこで嗅ぎつけて、付け入るすきを狙っているのか? その点について見ていきましょう。

 

 

1 官報を見て、自己破産者の情報を取得する。

 

闇金融の人々は、自己破産の情報を官報を見て取得します。官報には自己破産を行ったものの情報が載るものであり、そういった情報を見逃さないように常に闇金融の業者は情報のアンテナを張っています。

 

普段はそういった情報を私たちは目にしませんが彼らはそういったものをよく見てから行動を起こしてくるのです。

 

 

2 自己破産者を狙うのはなぜ?

 

しかし、自己破産者を狙っても、彼らの多くはお金がないのだから狙っても意味がないのではないか?と考える方もいるかと思います。

 

ですが、彼らは自己破産者だからこそお金を融資しようと迫ってきます。自己破産者は自己破産を一度行うと7年は自己破産を行えません。そこで、自己破産で借金がチャラにならないところを狙ってお金を借りないかと甘い言葉を利用して近づいてくるのです。

 

自己破産をしたものも、お金がないからこそ、つい借金をしたくなるような気持ちに駆られますから闇金融に手を出してしまうということがあるのです。自己破産をしたからと言って油断をしないようにしておきましょう。